え?本当?!目からウロコの中古車選びの真実

Posted on 20 of 2月, 2016 by

中古車=古い、ポンコツなんて思っていませんか?

車ってある面ではステイタスを感じさせるツールでもありますから人によっては見栄を張りたいところだったりしますよね。だからといって買うなら絶対新車!中古なんてもってのほか!なーんて考え、持っていませんか?実はきちんと選べば高級外車だって中古で買ったなんて思われることなく乗ることが出来るんです!よーく考えてみてください、例えば走行距離なんて外から見えませんよね?あなたが時に「うわぁ、いいなぁ、乗ってみたいなぁ」と思って見ていた高級外車も実はあなたにも難なく買えるものかもしれないんです。次に中古の外車を選ぶポイントをお教えします!

中古車を買うなら内装のキレイさを重視せよ!

確かに走行距離を多く走っていれば個体の質は低くなり、比例して価格も安くなるでしょう。しかしただ走行距離が伸びた個体では単純に乗り倒されたポンコツでしかありません!そこでチェックすべきは内装の状態です。そこそこ距離を走っていても室内が綺麗な車は前オーナーがいい意味で神経質でしっかり管理されていた個体である証拠です。ということは整備や修理にも手が掛けられていた裏付けになるのです。ボディのピカピカ具合は一度の洗車でごまかせますが、室内の綺麗さはそれまでの積み重ねなのです。例えばどうやっても取れないダッシュボードのネバネバ、スイッチ類の剥げやシートのヤレ具合…。その車が大事に所有されていたかどうか見極められるかが当たりの中古車を手にできるかどうかの分かれ目なのです!これは国産車にも輸入車にも同じように言える事なのでぜひご参考に!

後々後悔しない高級外車を中古で手に入れる方法

さて、ひとくちに外車といっても様々です。何十年も前のヴィンテージカーをお探しであれば別ですが、そうではない現代のいわゆる高級外車をお望みなら型落ちの度合いも重要です。中途半端に古いモデルに新しいナンバープレートを付けて走っていれば「あぁ、どうしても外車に乗りたくて無理したのだなぁ」と思われてしまう現実も否めません。この感覚はもちろん人によりますが、輸入車に関しては現行の2モデル前くらいまでは古さを感じさせないことが多いです(マイナーチェンジは含めず)。ですのでおすすめは現行より1つ2つ前のモデルになります。その中で、距離はある程度走っていたとしても特に内装が綺麗でお好みのオプションを出来る限り装備している個体を予算内で見つけましょう!前述のポイントを押さえて選べばきっと良質の個体を手にできるはずです!どうですか?少し輸入車へのハードルが下がったのではないでしょうか。一度きりの人生、大きな買い物ですが選択肢から外車をハナから外してしまうなんてもったいないですよ!

ボルボを中古車で購入する際には、取扱い数が大変豊富な店舗を利用することで、様々な条件を満たした中古車が見つかります。