似たような種類の大人のおもちゃって何でこんなにあるの!?

Posted on 21 of 2月, 2016 by

プチアブノーマルは最高のスパイス!

パートナーとの夜の営み。または朝の営み。はたまた昼の営みはいかがですか?楽しんでいますでしょうか。営みは付き合いたてからある程度までの間は、ノーマルでも十分に楽しめますし少し体位をを変えれば尚楽しいという期間だと思います。しかし、徐々にノーマルな行為だけでは物足りず、何か変化をつけたいなぁと男の子も女の子も思いますよね。そんな時、行為をする場所を変えるなども手段の一つではありますが、大人のおもちゃを購入してみてはいかがでしょうか?意外にもお手ごろな値段で手に入ってしまうんですよ!パートナーには内緒で購入して、二人の大切な時間に使ってみようって誘ったら、きっと恥ずかしながらも喜んでくれますよ!

男性用・女性用どちらも種類が豊富!!

一般的なおもちゃは女性用が多いですが、意外にも男性用の種類が多くあり、男性用のおもちゃがが増えてきたのには腐女子など、男性同士の恋愛を美化する女性が増えた事により、男性同士の恋愛が公にしやすくなった事が原因だと言われています。例えば、女性のおもちゃで初心者向けとして多く購入されるのは「ローター」や、小さめのバイブなどです。男性ではセクシーな下着などが多いですね。なのでパートナーとの楽しい時間は、より豊かな時間に変わるのには1つのスパイスとしてお勧めです。しかし、その大人のおもちゃを利用目的ではなく、一種の美術品としてコレクションする人がいることをご存知でしょうか。人の生態について細かく専門家が調べ、徹底的に人の体を知り尽くし刺激を与えられるフォルムを生成する。というのは、木彫りのような美術に匹敵する。という考えから来ているそうです。ではその魅力は一体なんなのでしょう。

大人のおもちゃは体ではなく、見て楽しむ!?

コレクターの方々はあの質感や独特な香り、そしてなにより人に快楽を与えるのに最適なフォルムに、美を感じる方が多いようです。また、そのコレクションにも保存の方法があり、ガラスケースに保存している人もいればプラスチックケースにドバッとコレクションしている人もいます。しかし、その保存方法を間違えるとおもちゃ同士がくっつき、ドロドロになってしまうらしく、これをコレクターの中ではドロドロ事件と呼んでいます。では、その保存方法とは具体的にいうと、やはりゴム製の商品などはくっつきやすく、ジップロックや元々入っていた箱に閉まっても溶けてしまうようです。なので、注意点として熱と湿気には細心の注意を払い、通気性の高いメッシュや不織布などで包んでおくのがお勧めだそうです。また、保管場所には車のトランクは厳禁だそうで、誰かに見られるのが恥ずかしい人はスーツケースに入れてクローゼットにしまい、たまに出してメンテナンスしたりするようです。このように、まさかパートナーと楽しむおもちゃを美術品として扱う人達が居るというのは、驚きですよね!

おもちゃの買取では、査定額に応じたお金が手に入るため、不用になったおもちゃの処分を行う際に大変有効です。